ITO SAORI

伊藤沙織

  • 和食器を求めて、大江戸骨董市へ。たくさん和物があって、どれもとても魅力的。

  • 食は和が好きなので、ついつい和食器を集めてしまいます。これは一部。もっと和食器を集めたいな。